設備台帳システムD-ledger

これからは“計画的予防保全”の時代です。
D-ledgerは、機器の故障・補修等の履歴から、資産情報、劣化診断等の情報を一元化した設備台帳です。

構成画面例

システム導入の流れ

システムの設置・設定
サーバーの設置設定や、システムの設定を行います。
設備の調査
各設備の調査や各資料を調査します。
設備情報の登録
調査した設備情報の入力を行います。入力作業は弊社で行います。
システムの運用
システム導入後も、しっかりとお客様をサポートいたします。

特徴

  • 保全(故障・点検・工事・保守)情報をクリック一つで切り替え
    各情報を一つの表で検索することが出来、関連した情報をすぐに検索できるため、データ解析が効率良く行えます。 また、機器情報から各保全情報への表示切替も容易に行うことが出来ます。 欲しい情報が 「今」 「すぐに」 検索できます。
  • 使いやすさを追求
    維持管理会社が開発したので、今までのノウハウを活かし使いやすい形にしました。
  • アセットマネジメントに対応
    施設の長寿命化を進めるためには、資産状況を効率良く管理すること(アセットマネジメント)が大切です。 D-ledger は、データ解析が効率よく行えるため、アセットマネジメントの推進にお役立て頂けます。
  • 点検ツールと連携し、データを即座に設備台帳に
    現場で入力した点検データや機器情報を、設備台帳に入れることが可能です。